不動産タイムズ情報センターでは不動産任意売却をお手伝いいたします。長崎県不動産/大村/諌早/長崎/東彼杵/時津/長与/・・・
タイムズ不動産情報センター
物件情報


賃貸物件検索



売買物件検索



任意売却とは
任意売却のメリット
任意売却の流れ

住宅ローンで困ったら
家が不要になったら



賃貸物件
ご購入物件
ご売却物件
任意売却



会社概要



リンク集1

リンク集2

リンク集3

リンク集4

リンク集5

リンク集6
  

トップページ

 


当サイトは
リンクフリーです。

 
 

携帯サイトURL
 http://e-times.
 shop-homes.jp/m



http://e-times.shop-homes.jp/m
 


任意売却のメリット

それでは具体的に不動産任意売却のメリットには何があるでしょうか。ここでは特に、そのままの状況だと近い将来確実になってしまう、“不動産競売”と比較して、不動産任意売却のメリットを挙げて行きます。
競売と比べてデメリットになる事柄は皆無と思われます。一般の売買と何ら変わることはありません。ただ債権者との間に当社が入ることにより、返済金額を金融機関に納得して戴き、その抵当権を抹消してもらうという形だけが違いです。不動産競売のような陰湿なイメージは有りません。あなたの意思による売却/返済という形になります。

任意売却のお問い合わせ

 メリット1  競売よりも高く売れる!


不動産競売では、一体幾らで落札されるかは分かりません。競売バブルとはいえ、市場価格より低い価格で落札されるのが普通です。

ですが、任意売却の場合、あくまでも一般不動産流通市場にて、買客を探しますので、より市場価格に近い値段で、売却できる可能性が高いと思います。

売却金額が多ければ多い程、住宅売却後の無担保の債務も減ることとなりますし、それが債権額を上回れば余剰金が発生することもあり得ます。

 メリット2  近所の人に知られず売れる!


競売不動産の入札前に、その不動産の状況を一般に広く知らしめるために、裁判所は、不動産自体の物件情報に加え、そこに住んでいる方の名前や家族構成、室内写真に至るまで、詳細な資料を作成し、誰でも見ることが出来るようにします。

特に最近ではわざわざ裁判所に赴かなくても、BITというインターネットのサイトで裁判所の資料(いわゆる三点セット)が取得できますので、不特定多数の人によって、情報が知れ渡ることになります。もちろん、周り近所の人に広く知られることとなり、しかも、その情報を手にした人に、家をじろじろ見られたり、住宅の周囲をウロウロされるなど不都合なことがたくさんあります。競売物件は人づてにうわさが広がりやすいのです。結果的に競売物件は誰もが知っています。

しかしながら、任意売却では実際に中古住宅を探している人だけに限定的に情報を流すだけですので、一般の売買として売却することが可能です。ご自宅へのお客様の案内も当社が行いますので、不特定多数の人がうろつくなどの不都合はおこりません。ご近所の方に対しても家が不要になったから売るという一般的な中古住宅・売家の形式をとります。
任意売却であることを知られることはありません。

 メリット3  余剰資金を残すことも可能!


不動産競売になったら最後、基本的には相手側にも何も求めることが出来ず、金銭面的なところも含め、無常件で住宅を立ち退かなければなりません。

しかし、任意売却での不動産売却は金銭的な部分を踏まえて、債務処理が可能となります。引越し先の貸家、アパート、マンションなど斡旋しますし、引越料が得られたり、今後の生活を行う上でも、非常に大きなメリットがあります。スッキリとした形で人生の再スタートをきって下さい。再び住宅を購入することも出来ます。自らが債権者に対して売買代金などを入金するという形になりますので、支払わずに終わったという感覚が残らず前向きです。

 メリット4  あくまでも自分の意志で進めることが出来る!


前述しました通り、競売とはあくまでも強制的に不動産を処分し、換金するシステムです。この過程の中に、不動産所有者の意志は考慮されることはほとんどありません。
過去に関しても、所有者が何らかの主張をしたところで、聞き入れられることは全くなく、問答無用に住居からの立ち退きを命じられるだけであり、仮にそれを拒んだ場合、今度は周り近所に目立つようにして立ち退きの強制執行が行われます。その不動産の所有者としては、後ろ向きな形で住宅を手放さなければならないのです。

それと対比する任意売却ですが、これは、あくまでも不動産の所有者が自らの意志で住宅の売却を進め残債を返済をするという、非常に前向きな形での債務処理の手段といえましょう。
今までのことは今までとして、それよりももっと重要な、明るい未来に向けて新たなスタートを切るためにも、自らの意志による借金返済をするためには、不動産の任意売却という手段を選べば、借金に対して逃げずに責任を果たすことが出来ます。形式上あなたが、各債権者に対して売買代金を配分し、支払うというものです。住宅ローンは、借りる際に、支払えなかったら担保不動産を処分して払いますという約束をしています。住宅ローンが滞納してしまっている現実があられるならば、前向きに決断されることをお奨めします。

 メリット5  費用は一切かかりません


不動産の仲介手数料や不動産登記費用・抵当権抹消費用・引越し費用なども売却代金より全て配分しますので、お客様からは1円もいただきません。お持ちの不動産の査定に始まり、その販売活動費・宣伝広告費・契約時費用・不動産手数料・など全て不動産タイムズへお任せ下さい。全て代行致します。お気軽に!